活動

書道の歴史

日本の書道の歴史を簡単に説明しています。書道が中国から伝来した時から現在までの変遷、日本人にとっての現代の書道とはどんなものかを説明しています。
食事

土器の発明

「焼く」「燻す」「干す」程度だった食生活に「煮る」「茹でる」が加わった縄文時代。 それを可能にしたのは土器の発明でした。
文化

天狗について

天狗の由来 テングは鼻が長くて赤顔、羽があり空をひとっ飛び~。手にもつ羽うちわで強風をまきおこすイメージですよね。テングを漢字でかくと『天狗』 ですが、天の狗(いぬ)??なにをかくそう、テングは空にいた犬だったのです。大昔の中国の『...
護身・武道

正木流萬力鎖術

正木流萬力鎖術(まさきりゅうまんりきくさりじゅつ)は、正木利充により、宝暦年間(1750年代)創始された。鎖の両端に短冊状の分銅を付けた全長2尺3寸程の萬力鎖を使用し、打ち・絡み・投げを含む技法により構成された武術である(別名:鎖術・玉鎖...
護身・武道

神道無念流

神道無念流(しんどうむねんりゅう)は、日本の剣術の流派。宝暦年間(1751年 - 1764年)頃に福井兵右衛門嘉平によって創始された。福井嘉平は下野国都賀郡藤葉村(現 栃木県下都賀郡壬生町)出身で野中権内より新神陰一円流を学んだ後、廻国修...